ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/futaba@island.dti.ne.jp

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児健診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成30年1月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > 出席停止期間のめやす

コラム

登園・登校/出席停止期間のめやす

乳幼児・児童は、病原体に対して免疫の不充分な状態にあります。免疫的弱者で構成される小児集団環境では、流行性疾患が急速に拡大します。特に伝染力の強い病気の場合、感染力が残る期間に不用意に登園・登校すると、施設内流行が蔓延してしまいます。

患児の早期回復のために、自宅内安静(出席停止)を保つことは、生活療法の基本であり、集団生活におけるマナーでもあります。比較的罹患しやすい疾患に関して、出席停止期間のガイドラインから、基本事項をまとめてみました。(引用元のガイドラインは、このページの下に記載しました。)

治療方法の選択や病態によっては、出席停止期間が実際と異なる場合もございます。下記日数は参考例として、出席判断の参考にしてください。

出席停止日数の目安
小中高・大学 発症後5日を経過し、かつ下熱後2日間
幼稚園・保育園 発症後5日を経過し、かつ下熱後3日間
  • みずぼうそう
    すべての発疹が、瘡蓋(かさぶた)になるまで(約1週間)
  • 麻疹・はしか
    解熱した後 3日を経過するまで
  • 風疹
    発疹が消失するまで
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
    耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日間を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
     
    【付記:流行性耳下腺炎に関して】
     通常経過の流行性耳下腺炎における耳下腺、顎下腺又は舌下腺の”腫れ”については、最初の”腫れ”が発現した日を起点に数えます。
     発症数日後に、他方の耳下腺が腫れたり、顎下腺・舌下腺が脹れた場合でも、最初の”腫れ”が出現した日を起点にします。
  • 咽頭結膜熱
    発熱・結膜炎が消退した後 2日を経過するまで
  • 百日咳
    特有の咳が消えるまで、または5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで(約7-10日間)
学校保健安全法施行規則(H24.4一部改正)に定められていない疾患の場合
  • ヘルパンギーナ
    解熱した後 1日を経過するまで
  • 溶連菌性咽頭炎
    抗生剤治療を開始して24時間が経過し、解熱するまで
  • 手足口病
    解熱した後 1日を経過するまで
  • りんご病・伝染性紅斑
    ”顔の赤み”が出現した後、感染性はありません。
    発疹が出現する以前に数日間だけ感染期間がありますが、通常の診察での判断は非常に困難です。
  • マイコプラズマ肺炎
    適切な抗生剤治療を開始して3日が経過し、症状が改善するまで
  • 突発性発疹
    ”全身の発疹”が出現した後、感染性はありません。
    発疹が出現する以前に数日間だけ感染期間がありますが、通常の診察での判断は非常に困難です。
  • とびひ・伝染性膿痂疹
    ガーゼ等で、皮疹部がきちんと創保護されていれば、出席可能です。
  • 水イボ・伝染性軟属腫
    通学・登園は可能です。水遊び禁止の必要はありません。遊具や肌の接触、タオルの共有で感染する場合がありますので、ご注意ください。
付記

参考省令・ガイドラインに関して

学校保健安全法施行規則を一部改正する省令(平成24年4月)

保育所における感染症対策ガイドライン(平成21年8月)

「学校保健安全法が、出席停止日数を規定している」と誤解される傾向がありますが、日数までは決められておりません。

学校保健安全法によって、学童・生徒の集団内に伝染する可能性を認めた場合、学校長による出席停止処置が定められています。(学校保健安全法・単独では、対象疾患の規定は、ありません。)

この法律の施行規則によって、出席停止の対象疾患が具体的に指定されています。また、施行規則に明記のない疾患であっても、感染予防対策上出席停止が必要と学校長が判断した場合も、同様の対応となります。(医師の診断書や意見は、あくまで参考にすぎません。出席停止の判断は、学校長の権限です。)

登校再開の条件は、他者への感染可能性が消失した場合と規定されており、特に日数の規定はありません。(各症例によって、同じ疾患でも、出席停止日数の判断が異なる場合がございます。)

ページTOPへ