ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > HiB(インフルエンザ菌b型)

コラム

HiB(インフルエンザ菌b型) 

乳幼児・重症髄膜炎の病原体に ”インフルエンザ菌b型” があります。海外で予防接種を受けた場合 ”Hib” と記載されますが、これがインフルエンザ菌b型の略称です。紛らわしいのですが、冬季に流行するインフルエンザとは、まったく関係ありません。

【ご注意】 
Hib感染症を ”流行性感冒のような病気” と説明される場合がありますが、実は乳幼児期の髄膜炎の起炎菌として重要です。

【インフルエンザ菌:Haemophilus influenzae 】

インフルエンザ菌とは、ヘモフィルス・インフルエンザ桿菌と呼ばれたこともある細菌です。ウイルスではありません。髄膜炎・喉頭蓋炎の原因菌です。流行性感冒(インフルエンザ)とは関係ありません。

欧米では、5歳未満の髄膜炎をおこす原因菌の中で、インフルエンザ菌b型は非常に重要な細菌でした。Hibワクチンが実用されてから、髄膜炎の発症は極めて減少しています。

ちなみに、インフルエンザ菌にはa型、c型・・・もありますが、こちらは髄膜炎の原因菌になりにくいため、ワクチン製剤の対象から外されています。

HiBワクチンは、アメリカでは生後2ヶ月の乳幼児から接種が開始され、1~2ヶ月毎に3回接種の後、1歳3ヶ月頃にブースター(追加)接種を行います。乳幼児期に 合計4回接種するプログラムです。

【余談】 2つのインフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスは、冬季に流行性感冒を起こす有名なウイルスで、細菌ではありません。日本では、インフルエンザワクチンと言えば、インフルエンザウイルスに対するワクチンですが、アメリカではインフルエンザのワクチンが2種類あることになります。

誤解を避けるために、インフルエンザ菌b型に対して ”Hib Vaccine”、インフルエンザウイルスに対して ”Flu Vaccine” と呼んで、区別しています。

ちょっと気になった問い合わせを、説明させていただきます。
Q:髄膜炎菌のワクチンを受けたいのですが・・・
    A:Hib(Haemophilus influenzae type b)は髄膜炎の原因の一つですが、髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)とは異なる病原体です。

    ”髄膜炎菌ワクチン”は、”Meninngococcal Vaccine”のことです。HiBワクチンとは異なるワクチン製剤であり、日本国内では 2007年現在承認されておりません。

    髄膜炎菌ワクチンをご希望の方は、輸入製剤を利用する方法があります。こちらを、ご参照ください。

    HiBワクチンと髄膜炎菌ワクチンの対象年齢も異なります。

    Hibは5歳未満を対象に考えます。

    髄膜炎菌ワクチンは、3歳から接種可能ですが、就学児以上を一般的に対象とします。

Q:アメリカに転居予定です。Hibが未接種ですが・・・
    A:5歳未満の場合は、渡米後にHiBワクチンを接種可能です。

    日本国内では自費接種となりますので、転居先での対応を お勧めいたします。

    5歳以上の場合は、HiBワクチンの接種対象年齢ではありません。

Q:Hibワクチンを受けていますが、インフルエンザに効果ありますか?
    A:インフルエンザには効果ありません。

    Hibとインフルエンザウイルスは、まったく異なる病原体です。

    冬季の流行性感冒には、流行前に毎年インフルエンザワクチン(Fluワクチン)を接種する必要があります。

Q:インフルエンザ予防接種は、A型とB型両方受けるんですか?
    A:HiBとFluワクチンを混同した勘違いのようですね。

    ★ HiBワクチンは、b型のみ対象としています。インフルエンザ菌a型は病原性が低く、予防接種を必要としません。

    ★ インフルエンザウイルスワクチンは、A型2種類、B型1種類のウイルス株から製造されております。A型・B型いずれにの感染も想定しています。

ふたばクリニック 広瀬 久人 (2005.05.30)

ページTOPへ