ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > コッホ現象(BCG予防接種)

コラム

コッホ現象(BCG予防接種)

BCG接種 新制度に移行

平成17年4月より結核予防法が改正されます。これに伴い、乳児のBCG接種方法が、変更になります。

平成16年度までは、ツベルクリン陰性児(結核感染のない乳児)がBCGの対象でした。
平成17年からは、ツベルクリン反応(以後ツ反)は行わず、BCGを接種いたします。いままでは、ツ反判定に48時間かかっていましたので、新制度では即日ワクチン接種が可能となります。

コッホ現象

1882年 結核菌は、ロバート・コッホ(1843‐1910,細菌学,独)によって報告されました。さらに、コッホは結核感染の病態を研究し、初感染と再感染では、病状の進行に違いがあることを指摘しています。結核・再感染時には、初回に比べて 極めて早期に局所炎症が現れます。これを、コッホ現象と呼んでいます。

コッホ現象による炎症の程度は、一般的には軽症です。しかし、活動性結核感染を有する場合には、かなり強い反応が現れることもあります。

平成17年4月以降は、ツ反を省略してBCGを接種します。このBCGが、結核菌の再感染である場合、コッホ現象を起こしてきます。もし、結核菌に既に感染していた乳児にBCGを接種すると、7日以内(典型的には、第3日目)に注射部位の滲出性(しんしゅつせい)炎症を認めます。

コッホ現象を起こした場合、自然経過で症状は改善します。コッホ現象による皮膚炎は、あまり問題になりません。それよりもコッホ現象を起こした原因に問題があります。

なぜ、BCG接種で早期皮膚反応(コッホ現象)がおきてしまったのでしょうか?
結核感染の可能性は考えられますか?
家族・近親者に活動性結核の方は、いませんか?
安易な自己判断をすることなく、医師による診察を必ず受けてください。

症例検討

以下は想定症例です。実際の症例ではありません。

  • 【 症例1 】 生後3ヶ月で、BCG注射を受けました。接種後2週間目から接種部位が赤くなり、3週目に液状の”しみ出し”が始まり、かさぶたになっています。どうしたら、良いでしょうか?

    コメント: 通常のBCG接種後の反応です。かさぶたを形成する強い皮膚炎は、1~2ヶ月間持続します。創部を清潔に保ち、経過を観察してください。特にガーゼや絆創膏による創保護は必要ありません。

  • 【 症例2 】 生後5ヶ月で、BCG注射を受けました。翌日から赤く腫れ始め、第3日目には かさぶたができています。

    コメント: コッホ現象や雑菌による皮膚感染症を考えます。小児科医の診察を受けてください。

    ご家族に医療関係者(看護婦・医師・臨床検査技師など)がいる場合や、慢性咳嗽・発熱の患者さんと接触がある場合は、間接的に結核菌に被爆していた可能性があります。医療機関の受診をお勧めします。

ふたばクリニック 広瀬久人

ページTOPへ