ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/futaba@island.dti.ne.jp

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児健診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成30年1月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > インフルエンザワクチン推奨株

コラム

ご注意

この文書は 2005年に書かれています。今後、世界のインフルエンザ感染状況・ワクチン製法が変わると思います。
この書面中に、将来的の実情にそぐわない記載を認める可能性もございます。

インフルエンザワクチン推奨株

インフルエンザワクチンは世界中で、冬季流行期に利用されます。
ワクチン製剤に利用されるウイルスは、Aソ連型/H1N1、A香港型/H3N2、B型 からそれぞれ1種類ずつ代表を選択し、3種のHA成分を混合して、ワクチン製剤となります。
それでは、ワクチンの基となるウイルス株は、どのように決められているのでしょうか? 実は、流行期の約10ヶ月前に ”WHO推奨株” として決められています。
該当シーズンにおける”WHO推奨株”・”日本における製造株”の具体的なタイプ確認は、下記をご参照ください。 

インフルエンザ予防接種・ワクチン株

ワクチン推奨株 と 各国のワクチン製造株

WHO(世界保健機構)は、世界に4か所あるインフルエンザ協力センターを中心として、インフルエンザ世界流行に関する監視を行っています。このグローバルネットワークによる流行状況の把握と分析に加え、分離株の抗原解析の結果に基づいて、流行株抗原の予測を行います。(ワクチン推奨株)
このWHOレポートを拠り所として、各国の保健行政省は、インフルエンザ株を選択します。WHOの推奨株は、各国のワクチン製造実績に合わない場合が多いので、それぞれの実情に合わせたワクチン株が決まります。(ワクチン製造株)
WHO推奨株は 日本においても製薬ベースでの培養実績がありません。充分な培養実績・臨床実績のある株で、WHO推奨株と抗原相同性を維持できるタイプを利用することになります。さらに国内での過去流行状況の分析結果も加味して,Aソ連型、A香港型、B型:3種のワクチン株を選定していきます。
WHOの推奨は、北半球では3月に(南半球では9月に)発表されます。日本など北半球各国では5~6月に実際の臨床使用株を決定し、10月の供給に向けて製造・検定が行われます。

流行予測?

現在でも流行しているインフルエンザウイルスは、過去大流行した2大インフルエンザ(ソ連風邪、香港風邪)の系列です。遺伝子型を変えて、その子孫にあたる変異株が、今でも流行しております。

過去の流行
1918年 スペイン風邪(H1N1)、
1957年 Aアジア型(H2N2) (アジア風邪)
1968年 A香港型(H3N2) (香港風邪)
1977年 Aソ連型(H1N1) (ソ連風邪)

WHOの推奨株とは、流行が予想されるウイルスの一部分、具体的には ”HAという部分” の予測にすぎません。WHO推奨株と実際のワクチン株は、HA部分が免疫的に共通であるということです。言い回しが遠まわしですが、抗原性の予測です。
強引な たとえ話ですが、この冬に流行するトータルファッションの予測ではなくて、人気の出そうな靴のレポートと考えてください。

高病原性トリインフルエンザ

ここ数年東南アジアで、高病原性トリインフルエンザが問題になっています。このインフルエンザウイルスは、A型/H5N1に属します。ソ連型でも香港型でもありません。
インフルエンザ・A型ワクチン株は、現在H1N1(Aソ連型)、H3N2(A香港型)の2種のみです。もし H5N1ウイルスが人類に親和性を持ち、さらにヒト病原性を備えた場合、現在のワクチンでは効果を期待できません。

ふたばクリニック 広瀬久人 (2005.06.15)

ページTOPへ