ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > 渡米時のツベルクリン検査

コラム

渡米時のツベルクリン検査

アメリカへの出張・赴任・留学や、研究目的の中・長期渡航時に、ツベルクリン検査(Tuberculosis Screening)を要請されることがあります。ツベルクリン検査に関する英文証明書の依頼・問合せが多いのですが、この点に関してコラムを設けました。

【追記:2013.07.01】留学に際して、”IGAR”が”ツベルクリン検査”の代わりに要請されるようになってきています。ツベルクリン検査の判定は、BCG接種などに左右されるため、結核感染の判断には不適切であり、今後はIGRAによる判定に移行すると思われます。

日米の制度的な相違

日本では、平成16年度まで結核予防法 によって、ツベルクリン反応が陽性になるまで、BCG接種を行っていました。(平成17年度以降、結核予防法改正に伴って、接種回数が1回に減っています。) 
弱毒結核生ワクチン(BCG)を接種することによって、結核感染状態をつくります。BCG接種後は、感染免疫を獲得できます。日本では、ほとんど人がツベルクリン反応・陽性となります。
アメリカでは、BCGワクチンは接種しません。したがって、ツベルクリン陰性の場合がほとんどです。アメリカ在住者で”ツベルクリン反応陽性者”は、結核感染者を意味します。

ツベルクリン陽性の場合、診断書が必要になります

アメリカでは、長期滞在入国者(海外出張・赴任・留学など)に、活動性結核の検査を要求します。これは結核感染症に対する水際対策です。
結核検査として、ツベルクリン検査やIGARが必要となります。

ツベルクリン検査を行って、陽性であれば、基本的に結核患者として対応される可能性があります。
日本とアメリカの結核対策の違いによって、日本人渡航者に不要な疑義を生じさせないため、結核症を否定する診断書が必要となります。

この診断書は、下記3点が重要なポイントです。

  • ツベルクリン検査 レポート
    【ツベルクリン検査が陽性の場合、下記2点の追記が必要です】
  • BCGワクチン・接種の有無(母子手帳でご確認ください)
  • 胸部レントゲン検査やIGRAなどによる、活動性結核症の判定

日本と欧米の予防接種制度の違いにより、ツベルクリン陽性を理由に、日本人渡航者が不必要な結核治療を推奨されることがあります。とくに、海外赴任時はあわただしいため、アメリカ入国時の必要書類のなかで、ツベルクリン検査診断書を軽視しがちですが、きちんとした対応が必要です。

IGAR(クオンティフェロン検査・T-spot検査)

IGARは、結核感染に特異性が高く、結核症の判定に有効です。この検査は、BCG接種に影響されないため、ツベルクリン検査陽性時の、結核感染判定に際して、非常に有効な検査です。
ただし 高齢者の場合は、結核感染の既往者が多く、IGARが陽性となります。高齢者の場合、推奨できません。

クォンティフェロン検査T-spot検査に関してはリンクを ご参照ください。

お問合せは、e-mailにてお願いいたします

このページの内容に、ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡ください。診療所窓口での電話相談は、ご遠慮くださいますようにお願いいたします。ご協力をお願いいたします。
なお、個別の案件に関しては、担当されている医療機関にご確認ください。

ふたばクリニック 広瀬久人 

ページTOPへ