ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/futaba@island.dti.ne.jp

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児健診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成30年1月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > 食品に含まれるアレルギー物質

コラム

食品に含まれるアレルギー物質

調理済み食品に使用されているアレルギー食材を、何も知らされずに口にしてしまう事は、非常に危険な問題です。けれども 消費者側にアレルギー食材の自覚・認識があれば、食物(食事)アレルギーを回避可能です。
冷凍食品やお菓子・加工食品にアレルゲンの表示があれば、消費者は自己防衛ができます。安全な食事環境を考える上で、アレルギー物質の食材表示は非常に重要です。
以上の理由から、食物アレルギーの病因性が高い”特定原材料”に表示義務が架せられました。(食品衛生法:H13.4.1)

食品アレルギー表示 義務品目/特定原材料
食品アレルギー表示 義務品目/特定原材料
そば 小麦 ピーナッツ
食品アレルギー表示 推奨品目
食品アレルギー表示 推奨品目
あわび いか いくら えび かに
鮭(さけ) 鯖(さば) 牛肉 鶏肉 豚肉
大豆 くるみ オレンジ キウイフルーツ
リンゴ マツタケ ヤマイモ ゼラチン バナナ(H16)

検討報告書(H16年)では、”バナナ”が推奨品目への追加検討とされています。

この制度が開始された後、特定原材料・表示推奨品目の疫学的評価と再検討が行われています。平成16年7月23日、更生労働省薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会等による検討報告書が提出されました。詳しくは、下記を御参照ください。

アレルギー物質を含む食品に関する表示について

厚生労働省・食品に関する共同会議報告書No.4

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/07/s0723-12.html

この報告書の中に、”アレルギーを起こした食材” と ”アレルギー性ショックを起こした食材” のリストが掲載されていますので、このコラムで紹介させていただきます。

食品アレルギー 調査表

調査・全体 調査・ショック例
1 ◎ 鶏卵 (1486) ◎ 鶏卵 (109)
2 ◎ 牛乳・乳製品 (616) ◎ 牛乳・乳製品 (93)
3 ◎ 小麦 (311) ◎ 小麦 (70)
4 ◎ そば (179) ◎ そば (28)
5 ○ えび (161) ◎ ピーナッツ (18)
6 ◎ ピーナッツ (110) ○ えび (14)
7 ○ いくら (87) ○ いくら (8)
8 ○ 大豆 (76) ○ もも
9 ○ キウイ (75) ○ 大豆 (7)
10    バナナ (40) ○ キウイ
11 ○ かに    バナナ (4)
12 ○ 鶏肉 (32) ○ やまいも
13 ○ くるみ ○ かに (3)
14 ○ いか (30) ○ いか
15 ○ さば (24) ○ さけ
16 ○ 豚肉 (23) ○ くるみ (2)
17 ○ さけ (22) ○ 豚肉
18 ○ ゼラチン (18)    たこ
19    カカオ (16) ○ さば (1)
20 ○ やまいも (15) ○ ゼラチン
21 ○ もも (14)    まぐろ
22    メロン (13) ○ 牛肉
23    まぐろ    ごま
24    たこ (12)    ほたてがい
25 ○ 牛肉 (11)  
26    ごま
27    たら
28 ○ りんご (10)
29    あじ
30    ほたてがい

◎:特定原材料である5品目

○:推奨品目である19品目

 

調査研究:以下出典より

海老澤元宏:アレルギー物質を含む食品表示制度に関して(厚生科学研究食物アレルギー全国モニタリング調査の結果を踏まえて)
ブンタン研究:平成12~14年度厚生労働科学研究『重篤な食物アレルギーの全国調査に関する研究』:飯倉洋治

出典の付記より

本調査は2011名の医師に対し、葉書調査票を3ヶ月毎、合計8回に渡り郵送し、「何らかの食物を摂取後60分以内にその食物に対しアレルギー症状を呈し、かつ医療機関を受診したもの」を調査対象に実施した疫学調査である。ある一定の時点から将来に向って調査を進めていくこの調査方法は、前向き(プロスペクティブ)調査といわれ、ある一定の時点から過去に遡って調査する後向き(レトロスペクティブ)調査に比して、信頼性が高いとされている。

【付記】

1:この調査は、即時型アレルギー(特にショックを招来するアレルギー)を主眼に実施されています。食物を摂取後60分以内に症状を認めたケースの集計ですので、遅延型アレルギーは含まれておりません。

2:特異的IgE検査陰性であっても、アレルギーが否定されるものではありません。アレルギーを疑う食材のIgE検査が陰性であっても、その食材が安全である確証にはなりません。食事と関係するアレルギー症状もふまえて、臨床的に判断する必要があります。

ふたばクリニック 広瀬久人 (2005.11.14)

ページTOPへ