ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > 肥満に関する遺伝子のはたらき

コラム

肥満に関する遺伝子のはたらき

水を飲んでも太る ・・・ 感じ ・・・

生まれつき、燃費の良い(太りやすい)体質があります。省燃費型では、1日300Kcal以上の基礎代謝を節約できます。食糧難の時代では、カロリーを節約できる体質は有利でした。しかし、現代の食事環境下ではリスクとなります。 
マクドナルド・ハンバーガーは、251Kcalです。ハンバーガーを我慢して水だけ飲んでも、300Kcalの帳尻には合いません。節約されたカロリーは、脂肪として蓄えられていきます。水だけ飲んでも、痩せない理由の一つは、痩せにくい体質/遺伝子パターンにあります。

  • 太りやすさ と 体質
  • 節約遺伝子
  • 検査キット 
  • 節約遺伝子 各論(β3AR,UCP1,β2AR) 
太りやすさ と 体質

私たちは、食物から取り込んだエネルギーを、運動などの活動で利用しています。では、寝ている時はエネルギーを消費しているのでしょうか?
実は 睡眠時でも、体温維持、心臓・呼吸などにエネルギーを消費しています。この安静時の生体維持に必要なエネルギーを、基礎代謝と呼んでいます。食事から摂取したエネルギーは、基礎代謝や運動として、個体の生活維持のために消費されます。 
最近、特定の遺伝子が、基礎代謝の調節を営んでいることが判ってきました。基礎代謝が高まると、無駄にカロリーを消費します。つまり、体脂肪が減ります。逆に、基礎代謝が低下すると、カロリーの浪費を抑制します。
基礎代謝が少ない人は、省エネタイプであり、非常に太りやすくなります。

節約遺伝子

体型・代謝に関係する遺伝子は、現在100種類近く確認されています。遺伝子解析は研究室レベルの対象ですが、いくつかの遺伝子は簡単に検査できます。そのなかでも、体型に影響の強いと推測される下記3因子は、自宅で気軽に検査が可能となっています。

  • β3アドレナリンレセプター遺伝子
     (肥満を誘発するサブタイプがあります)
  • UCP1遺伝子(uncoupling protein 1)
     (肥満を誘発するサブタイプがあります)
  • β2アドレナリンレセプター遺伝子
     (肥満を抑制するサブタイプがあります)

それぞれの遺伝子には通常型と変異型があります。さらに、変異型は2種類に分類され、遺伝子ペアが2対とも変異するホモタイプと、1対のみ変異するヘテロタイプがあります。ホモタイプの方が、ヘテロタイプより変異型の特徴が強く表現されます。

遺伝子の組み合わせによって、1日あたり300Kcal節約できるタイプから、170Kcal/日の浪費型まで、約30パターンに分類可能です。

 300Kcalの節約といっても、イメージできないと思います。利用されないエネルギーは、最終的に脂肪として蓄えられていきます。脂肪1gは9Kcalですから、300Kcalを節約すると、33gの脂肪が余ることになります。太りやすい遺伝子パターンでは、1ヶ月 1Kgの脂肪が余剰となります。

少し乱暴な表現かもしれませんが、基礎代謝が300Kcal節約できる人にとっては、水と空気も300Kcalのハンディキャップです。

検査キット

肥満遺伝子に関して簡易検査が可能となりました。体の細胞から遺伝子を解析して、節約遺伝子の有無を調べていきます。今までの遺伝子検査は、血液を材料として行われてきました。最近になって”口腔粘膜・唾液”や”爪”を利用した検査キットも発売されています。 

血液検査(採血)は、病院で行います。非常に安定性のある結果を得ることができ、3種以外の遺伝子検査も複合的に判断することができます。
コストは、他の検査に比べ高額で、5~10万円くらいかかります。 

口腔粘膜・唾液や爪を利用した検査は、自宅で気軽に実施できます。検査キットは、薬局やインターネットで入手可能です。
同包の封筒で検査会社に直接郵送すると、個人宛てにレポートが返送されてきます。
気になるコストですが、口腔キットでは 3万円台(遺伝子3種)、爪キットでは 1万円台(遺伝子3種)です。

節約遺伝子 各論
β3アドレナリンレセプター遺伝子

(肥満を誘発するサブタイプがあります) 

血中アドレナリンは、交感神経系活性時に 主に副腎皮質から血中に放出され、各臓器の細胞表面にあるアドレナリンレセプターを刺激します。アドレナリンレセプター(AR)は、心臓や気管支など体中に分布しており、脂肪細胞の表面にも存在します。アドレナリンが脂肪細胞のARに作用すると、貯蔵脂肪の分解と熱産生を亢進させます。

ARは3種に分類されますが、β3ARは 特に脂肪細胞に多く分布します。このβ3ARは、野生型(WT)と変異型(Trp64Arg)が知られています(遺伝子多型)。
同レベルのアドレナリン刺激であっても、野生型の方が脂肪を多く分解します(やせる傾向)。
逆に変異型の方が脂肪消費が低いことになります(太る傾向)。
両者を比較すると、【野生型】に比べて、【変異型ホモタイプ】は1日約215Kcal、【変異型へテロタイプ】は1日170Kcalの基礎代謝量に差が生じます。

日本人の約39%(30%~40%)は、変異型であると報告されています。 

UCP1遺伝子(uncoupling protein 1)

(肥満を誘発するサブタイプがあります) 

私たち ヒトでは、体温調節機構によって36℃台に体温が調節されています。この熱源の燃料は、脂肪細胞中の脂肪です。脂肪を熱に変える場所は、ミトコンドリアです。脂肪細胞内に蓄積された脂肪を、ミトコンドリア内で静かに燃焼(酸化的リン酸化)させることにより、体温を維持しています。
この燃焼に必要な蛋白ファミリーをUCP(脱共役蛋白)とよんでいます。UCPは、5種類確認されており、肥満に大きく関連するのはUCP1と呼ばれる蛋白質です。
ミトコンドリアは全身の細胞に分布しますが、UCP1は熱代謝の高い脂肪細胞に偏在しています。 

このUCP1にも遺伝子多型が認められています。変異型(Met229Leu)においては、基礎代謝量が低下します(太る傾向)。
両者を比較すると、【正常タイプ】に比べて、【変異ホモタイプ】は1日約85Kcal、【変異へテロタイプ】は1日45Kcalの基礎代謝量に差が生じます。

日本人の約16%は、変異型であると報告されています。 

β2アドレナリンレセプター遺伝子

(肥満を抑制するサブタイプがあります) 

β2ARは、心臓や気管支、脂肪細胞の表面(細胞膜)に分布します。β2ARの刺激により、気管支拡張や心臓拍出量増加など交感神経系作用が亢進します。このエネルギー需要をサポートするために、脂肪細胞の脂肪代謝にも関与し、エネルギー供給を増加させます。 

β2ARの遺伝子変異型(Arg16Gly)では、代謝効率が亢進します(やせる傾向)。両者を比較すると、【正常タイプ】に比べて、【変異ホモタイプ】は1日約170Kcal、【変異へテロタイプ】は1日40Kcalの基礎代謝量に差が生じます。

日本人の約16%は、変異型であると報告されています。

余談ですが・・・

このページに、栄養士の方から非常に強いクレームが寄せられました。抗議の対象は、このページのエキセントリックな文章表現だと思われます。記載内容に関して、不都合を指摘されたわけではありません。

栄養学的には、必要カロリーを体重や身長、年齢、運動量で計算します。しかし、画一的な計算では説明できない個人差も現存します。生物学的個体差を、従来の栄養学は黙殺してきました。今までは、”ばらつき”を評価する方法が無かったために、説明できないバリエーションに対して”栄養学”が閉口していたという状況でした。

分子生物学や遺伝子解析によって、基礎代謝量のばらつきを医学的に評価できるようになりました。この応用として、マイナス300~プラス170Kcal/日(成人)に及ぶ基礎代謝量の不公平を、数量的に評価できるのです。

栄養指導では、1,400~2,800Kcal/日(成人)に設定する場合が多いと思われます。しかし、基礎代謝のバリエーションは300Kcalであり、お茶碗 1杯半のご飯に相当します。1日代謝量に対して、1~2割の誤差を無視したカロリー計算では、違和感を感じるのも無理ありません。”水を飲んでも太る”という表現は、栄養学的に誤りですが、空気を食べても痩せない不公平は遺伝子学的な現実です。

ふたばクリニック 広瀬久人 (2006.09.01)

ページTOPへ