ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/futaba@coral.dti.ne.jp

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成30年1月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > 増えている百日咳

コラム

増えている百日咳

百日咳は、子供の病気と考えられていました。最近、成人発症例が報告されています。実は、百日咳が 先進諸国で増加傾向にあります。例えば、下記をご覧ください。CDC(米国)の統計ですが、明らかに百日咳は、突出して近年増加しています。

百日咳菌は、抗生物質に弱い細菌です。化学療法を行えば、速やかに除菌可能です。しかし、百日咳の罹患後は、長期に咳嗽が続きます。病原体が消失して、さらに数ヶ月間せきが持続しますが、咳嗽が長期に及ぶ病因はよく判っておりません。 
長期の咳嗽の起炎菌として、いままではマイコプラズマや結核菌が重要でした。しかし、最近の感染症動向を考えると、今後は百日咳感染も充分な注意が必要です。

百日咳のワクチン接種期間は、幼児に限定

百日咳の予防接種は、三種混合ワクチン(DPT:ジフテリア、百日咳、破傷風)ワクチンに含まれています。0~2歳(行政的には0歳~7歳5ヶ月まで)に接種する「DPT三種混合ワクチン(追加)」が、百日咳の最終接種となります。第1期追加が最後の接種ですから、幼児期以後に接種機会はありません。
小学校高学年で予定する二種混合ワクチン(DT:ジフテリア、破傷風)には、百日咳ワクチンは含まれておりません。

DPTを接種していない世代

1968(S43)年、ジフテリア・百日咳・破傷風の三種類の不活化ワクチンを混合した形で、DPT三種混合ワクチンの使用が開始されました。当時のDPTには、全菌体百日咳ワクチンが使用されています。全菌体百日咳ワクチンとは、不活化処理(殺菌)した百日咳菌を、菌体ごと使用したワクチンです。
残念ながら、この全菌体百日咳菌ワクチンによる中枢神経系の副作用(脳症、痙攣など)が発生してしまいました。副作用に対する評価・対応のため、1975(S50)年2月~4月まで、百日咳ワクチンを含む予防接種は、一時中止されています。この3ヶ月間の接種中止の後、DPT三種混合ワクチンは再開されましたが、以後接種率は低下します。
1981年(S56)に、百日咳菌抗原の一部を利用する改良型(非細胞性)百日咳ワクチンが開始されるまで、国内のDPT接種率は低下いたしました。昭和40年代後半から50年代前半の世代では、DPTワクチンの規定数(合計4回)が接種完了していない人が多いと思われます。

ふたばクリニック 広瀬久人 (2007.07.07)

ページTOPへ