ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > コラム > キャリア蛋白/多糖体ワクチンの工夫

コラム

キャリア蛋白/多糖体ワクチンの工夫

 2008年12月に アクトヒブ(Hibワクチン)が国内販売されました。
 2010年 2月に プレベナー(7価肺炎球菌ワクチン)が国内販売されました。
 アクトヒブ(Hibワクチン)とプレベナー(肺炎球菌ワクチン)は、病原体の莢膜多糖体を抗原する、乳幼児に有効な ”結合型ワクチン” です。
 予防接種の抗原に 莢膜多糖体を利用する場合、多糖体の単体接種は乳幼児に対して免疫誘導効果を認めません。臨牀使用するために、莢膜多糖体をキャリア蛋白に結合することで、乳幼児にも有効なワクチンが開発されました。
 結合型ワクチンの要となるキャリア蛋白に関して、コラムをもうけました。

  • 莢膜多糖体は免疫誘導能が低い 
  • キャリア蛋白に結合させて、莢膜多糖体を乳幼児ワクチンに利用
  • キャリア蛋白の選択
  • 莢膜多糖体を利用した各ワクチン
莢膜多糖体は免疫誘導能が低い

わたしたちの免疫監視システムは、外来から侵入する病原体を常にチェックしています。このシステムが病原体として認識しやすい・・・抗原として確認しやすい・・・物質があります。例えば”蛋白質”は抗原として認識されやすい物質です。蛋白質のように 分子量が大きく 複雑な構造を持つ物質は、高い抗原性をそなえるため、免疫システムが異物認識しやすい特徴があります。
しかし、分子量が小さかったり、構造が単調な場合は、異物(抗原)認識が困難になります。
莢膜多糖体は、多くの病原体の表面抗原として重要です。けれども、多糖体単独の予防接種では、抗原性が低いために、乳幼児に充分な感染免疫を誘導できません。さらに、多糖体単独の予防接種では、ブースター効果も認められません。乳幼児にとって、多糖体抗原はワクチン製剤として利用しにくい物質です。

キャリア蛋白に結合させて、莢膜多糖体を乳幼児ワクチンに利用

免疫システムの未熟な月齢・年齢では、多糖体抗原に ”ひと工夫” を加える必要があります。そのための ひとつの手段が、”蛋白質への結合” です。
単体では、抗原認識されにくい多糖体ですが、蛋白質に貼り付けると 抗原性が増強されます。ワクチンの抗原性を高めるために利用される蛋白質を、キャリア蛋白と呼びます。
たとえば 海苔で手巻寿司を握るように、キャリアで多糖体を巻いてしまうと、免疫システムが対応しやすい構造に変わります。キャリア蛋白を付加することで、単体では抗原性が弱い多糖体抗原であっても、乳幼児期に免疫能を誘導することが可能となり、ブースター効果も有効になります。

キャリア蛋白の選択

では、どのような蛋白質をキャリアとして選べばよいのでしょうか?
卵やゼラチンの蛋白質は異物性が高く、アレルギーの可能性が否定できません。ウシやブタ由来の蛋白質は、利用をためらいます。
蛋白であれば・・・何でも良いというわけではありません。製剤の安定性・安全性も考慮して、キャリア蛋白は選択されます。
 ActHIBには、キャリアとして破傷風トキソイドが使用されています。
 Prevenarには、キャリアとしてジフテリアトキソイドが使用されています。
破傷風 と ジフテリア・・・というキーワードで思い当たる予防接種があります。この2種類のトキソイドはDPTやDTに使用されている抗原であり、キャリアとしても利用が可能です。(【付記】参照)

【付記】
DPT(DTaP):ジフテリア・百日咳・破傷風三種混合ワクチン
DT:ジフテリア・破傷風二種混合ワクチン

海外では、ActHIBとPrebenarは、DPT(DTaP)と同日に接種されるために、キャリアとしてDPTの成分を利用することは、とても合理的です。

莢膜多糖体を利用したワクチン

1:アクトヒブ 

アクトヒブにキャリアとして利用されている破傷風トキソイドは、破傷風への免疫誘導能は認めません。しかし、キャリアのトキソイドと結合することにより、HIbの莢膜多糖体は免疫誘導能を獲得します。
 同ワクチンは、生後2ヶ月から使用できます。初回接種月齢により、接種回数が異なりますが、初回を2ヶ月で接種開始すると、4回接種が必要となります。

2:肺炎球菌ワクチン

a:プレベナー

プレベナーにキャリアとして利用されているジフテリアトキソイドは、ジフテリアへの免疫誘導能は認めません。しかし、キャリアのトキソイドと結合することにより、肺炎球菌の莢膜多糖体は免疫誘導能を獲得します。
同ワクチンは、生後2ヶ月から使用できます。初回接種月齢により、接種回数が異なりますが、初回を2ヶ月で接種開始すると、4回接種が必要となります。

b:ニューモバックスNP

ニューモバックスはキャリアを使用せず、肺炎球菌莢膜抗原を単体で利用する多糖体ワクチンです。
肺炎球菌・莢膜多糖体ワクチンは、2歳以上を対象として、単回(1回)接種となります。(ただし、5年以上の間隔をあけて、追加接種も認められています。)

3:髄膜炎菌ワクチン

髄膜炎菌ワクチンに関しては、多糖体ワクチンと結合型ワクチンの2種類が開発されています。結合型ワクチンは、生後2ヶ月から使用できます。初回接種月齢により、接種回数が異なりますが、2ヶ月で接種開始すると、合計4回接種が必要となります。
通常、髄膜炎菌ワクチンは就学年齢以後に接種行いますので、臨床上 1回接種となる場合がほとんどです。

Menactra(MCV4/結合型髄膜炎菌ワクチン)は、11歳以上を対象とするため、1回接種が原則です。

4:チフス菌ワクチン

腸チフスワクチンは、多糖体ワクチンと生ワクチンが製造されています。結合型ワクチンは、製造されておりません。

ふたばクリニック 広瀬久人 (2010.02.24)

ページTOPへ