ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

※ 木曜は、18時で受付終了です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

新着情報

最近の話題やコラムは新着情報で、ご確認ください。

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.02.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.02.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 保険診療・自由診療 > 診断書・検査料金のご案内 > IGRA/ クォンティフェロン検査 

保険診療・自由診療

IGRA/クォンティフェロン検査

当院は、IGRA(Interferon-gamma release assays)として、T-SPOT、クォンティフェロン(QFT)の両検査方法を採用しています。

どちらの検査も、IGRA(結核検査)として、欧米でも認められています。検査の選択に関しては、留学先の要綱をご確認ください。

T-SPOT と クオンティフェロン(QFT)の選択で迷ったときは、T-SPOTをお勧めいたします。
QFTに比べて、T-SPOTは、検査対応時間帯が柔軟であり、検査時刻の指定はありません。
検査の信頼性は、両検査とも変わりありませんので、時間的に受診しやすいT-SPOTをお勧めいたします。 

【T-SPOT検査に関しては、こちらをご参照ください】

  • 予約検査になります
  • 検査の手順
  • 検査レポート
  • 検査の原理
  • ご注意
予約検査になります

QFT検査は、1週間前に予約が必要です。(月、火、木、金曜日で検査可能しますが、祝祭日の前日は対応できません。)

クオンティフェロン検査は、採血時間が決まっています。12:00~12:30 の時間帯(平日)で来院可能な日程をご予約ください。

検査センターでリンパ球培養をおこないます。採血後、長時間経過してしまうと、リンパ球が弱ってしまい(活性が低下するために)、検査が行えない場合があります。

検査の手順

1:ご予約日の、12:00~12:30にご来院ください。 

2:通常の採血処置を行い、検査終了です。
血液検体は、採血後なるべく早く検査センターへ搬送する必要があります。

12:00前に来院された場合は、指定時刻までお待ちいただくことがあります。

検査レポート

検査後 5日~7日でレポートが戻ってきます。 1週間経過しましたら、お電話でご確認の上、ご来院ください。

検査の原理

QFT TBGold In-Tube とは

血液中のリンパ球を、結核菌抗原(ESAT-6、CFP-10、TB7.7)に暴露させ、リンパ球の反応を確認する検査です。結核菌に被爆歴のあるリンパ球ならば、結核抗原を接触すると、インターフェロン-γを放出します。
このインターフェロンの放出状態をチェックすることにより、リンパ球の結核菌監査状態を推測します。

ESAT-6、CFP-10、TB7.7 は、結核菌に特異的な菌体要素(抗原)です。この3種抗原は、BCGワクチン株には認められません。QTFは、BCG接種に影響されることなく、結核の既往を評価できます。
検査の特性上、活性の高い(活きの良い)リンパ球が必要です。採血時間に合わせて、機材・搬送車両がセッティングされています。採血時間が遅れないように、ご来院いただきますよう お願いいたします。

ご注意

QFT-TB2Gという旧世代検査もあります。QFT-TB2Gは、結核菌抗原(結核由来抗原2種類/ESAT-6、CFP-10)を利用し、国内での結核評価には有用です。

当院では、QFT-GIT(結核由来抗原3種類/ESAT-6、CFP-10、TB7.7)を採用しています。

現在、CDC(アメリカ/2010)では、IGARとして1:T-Spot、2:QFT-GITを推奨しております。
(QFT-TB2のレポートでは、アメリカでは通用しません)

高齢者へのクオンティフェロン検査はお勧めしません

昭和20年台以前に生まれた方は、幼少時期から青年期にかけて結核菌に自然暴露・感染しています。
過去に、結核感染を経験した人は、クオンティフェロン検査は陽性になります。
結核治療を受けて、結核菌の排菌がない状況でも、クオンティフェロン検査は陰性にはなりません。

クオンティフェロン検査は、結核の治癒判定には利用できません

前項でも記載したように、結核が治癒した場合でも、クオンティフェロン検査は長期(ほぼ一生涯)にわたって陽性となります。
クオンティフェロン検査は、結核感染の過去(既往)を証明するものです。
結核症の治療判定には、利用できません。

ご注意:海外と日本国内での検査呼称の違いに関して

QFTの呼称が、日本国内と海外で微妙に異なっています。

検査に使用する抗原 日本国内での呼称 海外での呼称
2種類
ESAT-6、CFP-10
QunatiFERRON-TB-2G
(QFT-2G)
QunatiFERRON-TB Gold
(QFT-G)
3種類
ESAT-6、CFP-10、TB7.7
QunatiFERRON-TB-Gold
(QFT-G)
QunatiFERRON-TB-Gold In-Tube
(QFT-GIT)

QFT-Gold(QFT-G)という検査は、海外では2種抗原感作試験ですが、日本では3種抗原感作試験を指します。海外文献や海外留学用要綱などでQFTの略号が使用されることがあり、混乱が生じております。(2012.01.01)

現時点(2012年)で、海外で一般的に普及しているQFT-GITは、日本ではQFT-Goldと呼ばれる検査のことです。3種抗原感作試験を選択すれば、問題ありません。

ふたばクリニック 広瀬久人

ページTOPへ