ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 保険診療・自由診療 > 自費処方薬のご案内 > マラロン 

保険診療・自由診療

マラロン

抗マラリア薬は、マラリアの発症を予防しますが、蚊を防いでくれるわけではありません。

マラリアに汚染された蚊に刺された場合、マラリア原虫は人体内に侵入いたします。抗マラリア薬を飲んでいても、感染した蚊に刺されてしまえば、マラリアに感染いたします。

抗マラリア薬の内服目的は、感染時のマラリア発症を未然に防止することです。発症予防のため、既定の内服方法に従ってください。

海外旅行中は、マラリアを含め多くの感染病・伝染病と、接触する可能性が予想されます。感染防御・予防の実効性は、旅行者の感染症に対する意識によって大きく左右されます。予防内服を行っていても、発症を抑止できない可能性も残ります。充分な準備と予備知識を携えた上で、旅行を計画してください。

  • 薬剤名:Atovaquone and proguanil hydrochloride
  • 商品名:マラロン(Malarone)
  • 製造元:GlaxoSmithKline

マラロンの処方には、e-mailで予約が必要です。
渡航スケジュールが確定しましたら、下記の情報を、事前にe-mailでお知らせください。
(お電話でのお問い合わせは、対応できません。)

  • 1:渡航予定している 主な地域名(マラリアリスクのある場所のみ)
  • 2:リスク地域 入域日
  • 3:リスク地域 出域日
  • 4:マラロンを希望する人数

マラリアに関してコラムを設けました。ご一読ください。

予防投薬・内服方法

 マラリア流行地域到着 1日前より内服開始。
 感染危険地域 入域後 毎日1回1錠を内服する。
 流行地域を 離れた後 7日間は内服を毎日継続する。

注意:流行地域での滞在が短い場合であっても、流行地域を離れた後7日間の内服予防が必要です。

内服量

マラロン1錠を一回分として服用。
体重が、40Kg以上の方を、処方対象とします。

妊産婦・授乳婦への投与

妊娠中の方、授乳中の方へ、マラロンの処方は行いません。

もし、マラリア発症を疑った時は

 このページの記載内容は、”予防投薬” に関する説明です。マラリアの治療方法ではありません。マラリア感染時、マラリア発症時は、必ず専門医療機関を受診してください。
 マラリア症状に関する対応は、実診療が不可欠です。マラリア流行地 渡航後、発熱・倦怠感・貧血など 気になる症状を発症した場合は、電話対応はできません。かならず、医療機関を受診して下さい。

海外渡航のマナーとして

海外渡航に際して、感染症を自ら予防することは、とても大切なことです。また、伝染病感染の可能性を自覚した場合、日本国内に安易に持ち込まず、きちんと水際対策を講じることも旅行者のマナーです。(気になる症状を認める場合は、日本再入国時にきちんと申請してください。)

伝染病に対する基礎的な知識や予防手段の認識は、感染危険地域への渡航に 是非とも必要なものです。渡航計画・準備が杜撰(ずさん)な場合、抗マラリア薬の処方をお断りする場合もございます。あらかじめご留意ください。

ふたばクリニック 広瀬久人

ページTOPへ