ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

日本脳炎ワクチン不足に関して
現在、日本脳炎ワクチンが極めて不足しています。
お子様の日本脳炎予防接種(区役所指定の予防接種票をお持ちの方)に限定して、対応しております。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年6月27日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 保険診療・自由診療 > 自費処方薬のご案内 > プロペシア Propecia 

保険診療・自由診療

プロペシア Propecia 

男性型脱毛症治療薬 プロペシアを 採用いたしました。

  • 製剤名 プロペシア錠 1mg 
  • 有効成分 フィナステリド
  • 効果 男性型脱毛症(AGA)の進行遅延 
  • 販売会社 萬有製薬
  • AGA-news

内服方法

  • 用法・容量 1日 1回 1錠 を 毎日内服

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。
3ヵ月の連日投与により 効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで 通常6ヵ月の連日投与が必要である。
また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。なお、増量による効果の増強は、確認されていない。
本剤を6ヵ月以上投与しても 男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には 投薬を中止すること。また、 6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討すること。

禁忌

  • プロペシアに過敏症のある方
  • 妊婦・妊娠の可能性のある婦人・授乳中の婦人

重要な注意事項

  • 【服用する方に】
    フィナステリドは、直接接触した場合、接触面の皮膚から吸収されます。経皮吸収を防止するために、プロペシアはコーティングされています。(コーティング状態で そのまま服用することができます。)
    長時間 手で保持していたり、錠剤表面に傷をつけると、薬剤が露出し経皮吸収の原因になります。薬剤を開封した場合、速やかに内服してください。
    プロペシアの錠剤をぬれた手で触れると、コーティングが溶解して経皮吸収の原因になります。この薬剤を扱う時は、きちんと手を拭いてからご使用ください。
  • 【女性の方に】
    妊婦・授乳婦の方が、内服した場合 胎児・乳児に重要な問題を生じる場合があります。また、コーティングが破損した錠剤を、妊婦・授乳婦の方がさわると、胎児・乳児に重要な問題が生じる可能性があります。
  • 【お子様に:特に男の子】
    プロペシアを お子様が、さわったり、舐めたり、飲みこんだりした場合、極めて重要な問題が生じる可能性があります。お子様に触らせないような配慮をお願いいたします。


【重要な問題とは】
ブロペシアの薬理作用(男性ホルモン抑制作用)により、男子胎児・乳児の生殖器官(精巣・精巣上体・陰茎)の形成・発育に影響を及ぼす可能性があります。

副作用

  • 種類\頻度 頻度不明 1~5%未満 1%未満 
  • 過敏症 そう痒症
  • 口唇腫脹
  • 顔面腫脹
  • 蕁麻疹
  • 発疹 
  • 生殖器 睾丸痛 性欲減退 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • その他 乳房圧痛
  • 乳房肥大 

効能・効果

  • (1) 男性におけるAGA(男性型脱毛症)のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はありません。 例えば、円形脱毛症に対する効果は証明されていません。
  • (2) 20歳未満での安全性及び有効性は確立されていません。 
  • (3) 女性に対する適応はありません。

[海外で実施した閉経後女性の男性型脱毛症を対象とした12ヵ月間のプラセボ対照二重盲検比較試験(n=137)において、フィナステリドの有効性は認められませんでした。*1] 
*1:Price V H et al. J Am Acad Dermatol 2000; 43(5, Pt. 1): 768-776.

ふたばクリニック 広瀬久人

ページTOPへ