ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。


初診時  問診票


予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

新着情報

最近の話題やコラムは新着情報で、ご確認ください。

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 診療のご案内 > 外来迅速検査

診療のご案内

外来迅速検査

下記のとおり、迅速検査を導入しております。約5〜20分の待ち時間で判定が可能です。

インフルエンザウイルス
鼻腔 抗原検出
溶連菌感染症
咽頭・鼻腔 抗原検出
アデノウイルス
咽頭・鼻腔・結膜・糞便 抗原検出
hMPV
鼻腔 抗原検出
ロタウイルス
糞便中 抗原検出
RSウイルス
鼻腔 抗原検出
肺炎球菌
尿中 抗原検出
ノロウイルス
糞便中 抗原検出
(自由診療です)
マイコプラズマ
咽頭・鼻腔 抗原検出
インフルエンザウイルス

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが感染することにより発症する急性発熱性ウイルス感染症です。感染は、集団内、地域へと流行しやすく、感染圏は急速に拡大します。急激な発熱、関節症状、倦怠感などの全身症状が顕著にあらわれます。

インフルエンザウイルスはオルソミクソウイルス科に属し、直径80~120nmの球状ウイルスです。血清学的にA型、B型、C型の三つに分類されます。ヒトに対するインフルエンザ感染症は、A型とB型によって発症します。(C型インフルエンザは、ヒトに対して病原性を持ちません。)

鼻腔や咽頭(のど)を綿棒でぬぐって、インフルエンザウイルスをチェックします。発熱後初期(12時間以内)では、感染しているにもかかわらず陰性判定になること(偽陰性)があります。発熱早期の判定を過信せず、インフルエンザの疑いがあれば、翌日に再検査を行いましょう。

溶連菌感染症

連鎖球菌群は、Lancefieldの19群(A~H,K~U)、3種類の溶血反応(α、β、γ)により分類されています。特に人に感染しやすいA群β溶血性連鎖球菌が重要です。このA群β溶連菌は、更に細胞壁の抗原性により80種類以上に細分類されています。

感染病巣は、上気道(咽頭・扁桃)と皮膚が主です。上気道炎(カゼ)や膿痂疹(おでき)原因菌として、最もポピュラーな細菌です。ただし、上気道炎から10~20日経過した後、糸球体腎炎やリウマチ熱を続発することもあります。(リウマチ熱と関節リウマチは異なる疾患です。)

A群β溶連菌のなかでも、発赤毒素(Dick毒素)を産生する株があり、毒素株の初感染時に独特の発疹を認めることから 以前は”しょう紅熱”と呼ばれた時期もありました。現在、しょう紅熱は溶連菌感染症の一型として扱われます。

当院では、咽頭拭い液を検体として、A群溶連菌検査を行っています。(免疫クロマト法)

アデノウイルス

アデノウイルスは、経口感染・接触感染によって伝染し、集団内で流行を起こします。血清型は51種類に分類され、病態は感染した血清型や主感染病巣によって多彩であり、上気道炎・結膜炎・肺炎・胃腸炎・出血性膀胱炎など、様々な臨床症状を認めます。咽頭結膜熱(プール熱)や流行性濾胞性角結膜炎、感冒性下痢症といった幼児・学童期の重要感冒性疾患の原因ウイルスです。

当院では、免疫クロマト法によるアデノウイルス検出キットを使用しております。アデノウイルス感染症では、気道感染症であっても、糞便からアデノウイルスの検出が可能です。咽頭・鼻腔ぬぐい液、結膜擦過検体、糞便から検査が可能です。(金コロイド・免疫クロマト法)

hMPV・ヒトメタニューモウイルス

hMPVは、経口感染・接触感染によって伝染し、集団内で流行を起こします。乳幼児の感冒の原因として重要です。

当院では、免疫クロマト法によるhMPV検出キットを使用しております。(金コロイド・免疫クロマト法)

ロタウイルス

乳幼児冬季白色下痢症の原因ウイルスです。10月頃から流行し、1~2月がピークとなりますが、散発例は一年を通じて発生しています。

感冒症状/発熱・嘔吐を伴う下痢が主症状で、便の正常は水様・泡状、白色~黄白色、甘酸っぱい酸性臭が特徴です。

当院では、下痢便を検体として、ロタウイルス抗原検査を行っております。

RSウイルス

RSウイルス(RSV:Respiratory Syncytial Virus)は、乳幼児時期に呼吸器系感染症を起こす原因ウイルスの一つです。冬季に流行する場合が多く、2歳以下の上下気道感染症の病原体として重要です。多くはカゼに代表される上気道炎ですが、およそ30%は気管支炎や肺炎など下気道炎を引き起こします。呼吸困難や衰弱を認めた場合、重症化して入院加療が必要となることもあります(約3%)。クループ様の咳が共通した特徴で、生後3カ月以下の感染は呼吸困難が伴いやすく、重症化しやすい疾患です。

RS感染は、初感染月齢が少ないほど、”ゼイゼイ”とした荒い呼吸が目立ちます。この喘鳴は、急性感染期だけにとどまりません。小学校入学までに繰り返される反復性喘鳴のきっかけとなる場合も多く、小児期喘息様疾患の誘引として考えられています。

RSウイルスはパラミクソウイルス科に属し、人から人へ直接飛沫感染します。潜伏期は3~5日で、発熱と咳を主とした”カゼ症状”から始まり、重症感のある咳嗽と異常呼吸へと進展します。

RSウイルス感染は、特に冬季が重要です。初秋から感染者が増加し、12月~1月にピークを迎え、3月頃から患者数が減少します。

感染年齢は、1歳までに約半数が感染します。2歳までにほぼ全員が感染するといわれています。新生児期でも感染例があり、特に生後1ヶ月未満の感染例では無呼吸を起こすことがあります。また、RSウイルス感染症は、一度の感染では充分な免疫を獲得できませんので、成人も含め一生の間に何度も感染を繰り返します。

当院では、免疫クロマト法によるRSウイルス検出キットを使用しております。咽頭・鼻腔ぬぐい液/洗浄液から検査が可能です。(金コロイド・免疫クロマト法)(金コロイド・免疫クロマト法)

肺炎球菌

肺炎球菌は、グラム染色陽性の双球菌(2つの球形菌体が張り付いた形)です。呼吸器感染症 特に 気管支・肺の感染症において最も多いのがこの細菌です。感染者の年齢構成では、特に中・高年者の起炎菌として重要です。

肺炎球菌感染時には、血中に肺炎球菌の一部(莢膜抗原)が出現し、尿に排泄されます。この細菌に由来する成分は、健康なヒトの血液や尿には存在しません。肺炎球菌に感染すると、4週以上排泄することが確認されています。抗生剤治療を行った後でも、特異的に検査を行うことができます。

当院では、”おしっこ” から肺炎球菌莢膜抗原を調べる迅速検査を行っております。

ノロウイルス

冬季に流行するウイルス性胃腸炎を起こす原因のひとつです。突然始まる嘔吐が特徴的で、数日間持続する下痢・嘔吐が主症状です。初期に発熱を伴う場合も多く、特に小児では嘔吐・発熱期間が長引く傾向があります。

冬季下痢症の起炎病原体として、以前から粒子が小さいRNAウイルスが認められ、その形状からSRSV(Small Round-Structured Virus)とよばれて、カリシウイルス科に分類されていました。米国・ノーウォークで発生した集団胃腸炎(1968年)の原因ウイルスがヒストリーマークとなったために、SRSVの一種がノーウォークウイルスと呼ばれるようになり、2002年にノロウイルスと正式に命名されました。

ノロウイルスは、小腸の粘膜細胞に感染・増殖して、再度小腸内に放出されます。糞便中のウイルスに汚染されたものを、口にすることにより感染は広がっていきます。

当院では、免疫クロマト法によるノロウイルス検出キットを使用しております。糞便・吐瀉物から検査が可能です。(吐瀉物の場合、感度が低下します)

【ご注意】
感染性下痢症として重要なウイルスには、ノロ以外のSRSV(カリシウイルス科)があります。本邦で同定されたサポウイルス(旧サッポロウイルス)も、感染性下痢症として重要なSRSVですが、当検査では、確認できません。

【業務用ノロウイルス検査に、健康保険は使えません】
業務目的としたノロウイルス検査は、自由診療検査です(健康保険は、適応されません)。

健康保険の適応となる”ノロウイルス検査”は、対象者が限定(3歳未満、65歳以上など)されております。詳しくは、担当医療機関にご相談下さい。

マイコプラズマ

マイコプラズマとは、長期の咳を認めることもある感染性微生物です。
マイコプラズマは、一般細菌よりサイズが小さく、一般ウイルスより大きな病原体です。細胞壁を持たないため、通常の抗生物質(ペニシリン系やセフェム系)は、効きません。

宿主特異性が比較的低く、複数の動物に感染可能です。病原性は、宿主により”ばらつき”が大きく、無症候的に保菌する場合もあります。
ヒトに感染した場合は、呼吸器系 および 消化器系の感染症状を認めます。
初感染時など防御免疫がない状態では、非定型肺炎像を認め、高熱が持続する傾向にあります。
ヒトの感染症では、呼吸器系症状が重要で、乾性咳嗽を認める場合が多く、咳嗽発作の誘発傾向を1~2か月間呈してきます。
当院では、免疫クロマト法によるマイコプラズマ抗原検出キットを使用しております。
鼻腔・上咽頭の粘膜を綿棒で擦過・採取し、検体中のマイコプラズマを直接定性します。感染初期から対応できますので、早期のマイコプラズマ感染を確認できます。

【ご注意】
発症から10日以上経過した場合は、マイコプラズマ感染であるにもかかわらず、誤って”陰性”判定となることもあります。
発症後2週間以上経過した場合は、ペア血清による確認をお勧めいたします。

ページTOPへ