ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。


初診時  問診票


予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

※ 木曜は、18時で受付終了です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

新着情報

最近の話題やコラムは新着情報で、ご確認ください。

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.02.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.02.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 新着情報 > スギ花粉・舌下免疫療法(SLIT:Sublingual Immunotherapy) /シダトレン

新着情報

シダトレンを服用される皆さまへ

【もくじ】
  • はじめに
  • シダトレンとは?
  • 服用方法(増量期)
  • 服用方法(維持期)
  • 取扱方法
  • 服用上の注憲
  • 医師に相談すべきとき
  • 服用後、特に気をつけてほしいこと
  • 花粉飛散期の過ごし方

パンフレットのPDFファイルを用意いたしました。

SLITサポート(スギ花粉症)/免疫舌下療法(SLIT)用のアプリケーションもあります。

【初回導入時期に関して】

シダトレンは、花粉オフシーズンに導入開始となります。花粉シーズン中の、シダトレン初診は行いません。

また、シダトレン増量期・維持期初期は、年末年始を避けたほうが安全です。

当院では、シダトレンの初診は6月から11月に限定しています。

【はじめに】

この冊子は、シダトレンスギ花粉舌下液(以下、シダトレン)によるアレルゲン免疫療法※を行う方 および そのご家族に向けて作成しております。

シダトレンの服用にあたっては、次のような注意点があります。

この冊子をよくお読みの上、正しく服用してください。

なお、この冊子の記載内容だけでは十分ではありません。

医師や薬剤師などからの説明をよく聞き、指示に従ってください。

また、わからないことがあれば、医師や薬剤師などにご相談ください。

※ アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれます。

 詳しく知りたい方は「トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビ」http://www.torii-alg.jp/ をこ覧くたさい。

  • 1日1回、長期間継続して服用します。
  • 舌の下に薬液を入れたまま2分間保持した後にのみこみます。
  • 2週間は徐々に増量し、その後は決まった量を服用します。
  • 副作用に対する注意が必要です。異常が認められた場合は、直ちに医療機関を受診してください。
  • 冷蔵庫で保管します。
  • 他の人に使用させてはいけません。
  • 自己判断で服用を中止・再開しないでください。

【シダトレンとは?】

シダトレンは、スギ花粉を原料としたエキスで、少量から服用することによって体を慣らし、スギ花粉によるアレルギー症状(スギ花粉症症状)を和らげます。

服用開始前に、スギ花粉症の確定診断が必要です。

また、アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日、数年閻にわたり継続して服用する必妻があります。

対象者

12歳以上(11歳以下は、シダトレン治療の適応ではありません。)

以下の方は、治療が受けられません。

  • 花粉症の原因が”スギ花粉”ではないかた
  • この薬で、ショックを起こしたことのあるかた
  • 重い気管支喘息のかた
  • 悪性腫瘍のあるかた
  • 免疫系の病気のあるかた
服用期間

1日1回、少量から服用をはじめ、2週間は徐々に増量し、その後は決まった量を 数年にわたり継続して服用します。

初めての服用は、スギ花粉が飛散していない時期(おおよそ12月まで)に、医師の監督のもと行う必要があります。

おくすりの種類

少量から増量するため、3種類のお薬があります。

シダトレン製剤イメージ

シダトレンによる治康では、次のような効果が期待されます。
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • 涙目、目のかゆみの改善
  • アレルギー治療薬の減量
  • QOL(生活の責)の改善
シダトレン副反応1 シダトレン副反応2
シダトレン副反応3 シダトレン副反応4

【服用方法(増量期)】

服用手順

下記の服用スケジュール表に従って、1日1回服用してください。

※ 家族の居る場用や、日中の服用が推奨されます。

シダトレン服用手順 ディスペンサーのキャップをはずし、服用前にティッシュペーパーなどにポンプを1回プッシュして、薬液が出るか確忽してください。
大きく口を開け、舌の下に一度にその日の服用量をプッシュします。
舌の下に薬液を入れたまま2分間保持した後にのみこんでください。
その後5分間はうがいや飲食をしないでください。

※ シダトレンは添加物として濃グリセリンを襲用しているため、愚者さんによっては服用時にビリビリ感を感じることがあります。

 
注意すること
シダトレン注意1 服用前後2時閻程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴をしないでください。
シダトレン注意2 薬液が手についた場合、直ちに水で洗い流してください。
服用量・服用スケジュール

1~7日目は青のシダトレン200JAU/mLボトルを、8~14日目は白のシダトレン2,000JAU/mLボトルを使用し、以下の表のプッシユ数の通り服用します。

プッシユ数は日ごとに異なりますので注意してください。

シダトレン服用スケジュール

ボトルの準備

1日目に青のボトルの準備をしたように、8日目は、白のボトル(8-14日用のシダトレン2、000JAU/mlボトル)の準備が必要です。

1.ボトルのキヤップをはずし、付属のディスペンサーをボトルに取り付けます。

2.ディスペンサーのキャップをはずし、ティッシュペーパーなどにポンプを5回プッシユして薬液が出ることを確認してください。

シダトレン内服準備

【服用方法(維持期)】

服用量・服用手順

15日目以降は、1日1回、シダトレン2,000JAU/mLパック1包(lmL)を服用してください。

※ 家族の居る場所や、日中の服用が推奨されます。

シダトレン服用手順 ▲印全体を指でつまみ、切り□から開けてください。
本体をつまむと液が飛び出るおそれがあります。
大きく□を関け、舌の下に一度に薬液をすべて滴下します。
舌の下に薬液を入れたまま2分間保持した後にのみこんでください。
その後5分間は、うがいや飲食をしないでください。
注意すること
シダトレン注意1 服用前後2時閻程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴をしないでください。
シダトレン注意2 薬液が手についた場合、直ちに水で洗い流してください。

取扱方法

保管方法

シダトレンは冷蔵庫で、小児の手の届かないところに保管してください。
増量期のボトルは、キャップをはめ保管袋に入れ、立てて保管してください。

廃棄方法

増墨期のボトルに残った薬液は、紙などに吸収させるなどして可燃ゴミヘ、容器は、各自治体で定められたルールに従って捨ててください。
維持期の使用済みの容器は、各自治体で定められたルールに従って捨ててください。

その他

 シダトレンは他の人に使用させてはいけません。

【服用上の注意】

誤って多く服用してしまったとき
  • 直ちに吐き出し、うがいをしてください。
  • 翌日、改めて前日の用量を服用してください。
2分間保持できず、のみこんでしまったとき
  • その日は再度服用しないでください。
  • 翌日、改めて前日の用置を服用してください。
服用し忘れたとき
  • その日のうちに気がついた場合、その日の用量を服用してください。
  • 翌日気がついた場合、前日の用量を服用してください。

いずれの場合も、決してその日の分以上の用量を服用しないでください。

異常が認められた増合は、直ちに医療機関を受診してください。

中止・再開するとき
  • 服用を中止する場合、自己判断で中止せず、必ず医師に相談してください。
  • 服用を長期に中断した後再開する場合、必ず医師に相談してください。

【医師に相談すべきとき】

次のような症状があるときは、シダトレン服用前に医師に相談してください。

  • 喘息発作や症状が激しいとき
  • 口内炎など、口の中に傷や炎症がある時
  • 風邪をひいているときや、体調が悪いとき
  • 抜歯など□の中の手術や治療を行ったとき

【服用後、特に気をつけてほしいこと】

シダトレン服用後、次のような副作用が現れるおそれがあります。

特に、下記は、注意してください。

  • 服用後少なくとも30分間
  • 服用開始初期(およそ1ヶ月)
  • スギ花粉が飛散している時期
主な副作用
  • 口の中の副作用
  • 口内炎、舌の下腫れ(舌下腫脹)
  • 口の中の腫れ(口腔内腫脹)
  • 喉のかゆみ(咽喉頭そう痒感)
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛

など

重大な副作用
  • ショック
  • アナフィラキシー ※

※アナフィラキシー

医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなど呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁)が見られる

アナフィラキシーの前兆

  • 皮膚の症状
    蕁麻疹、そう痒感、紅斑・皮膚の発赤などの全身的な皮膚症状(医薬品の投与数分から通常は30分以内に、の初発症状のことが多い)
  • 消化器症状
    胃痛、吐き気、嘔吐、下痢など
  • 眼の症状
    視覚異常、視野の狭窄など
  • 呼吸器の症状
    声がかれる、鼻がつまる、くしゃみ、喉のそう痒感、胸のしめつけ感、咳、呼吸困難、呼吸の音がゼーゼー・ヒューヒューする、チアノーゼなど
  • 循環器の症状
    頻脈、不整脈、血圧低下など
  • 神経の症状
    不安、恐怖感、意識の混濁など

上記のような症状が現れた場合、直ちに医療機関を受診してください。

シダトレン 特に緊急性が高いアレルギー症状

【花粉飛散期の過ごし方】

  • スギ花粉が飛散する時期は、シダトレン服用後に体調変化がおこるおそれがありますので注康してください。
  • 花粉症の症状がひどい端合、医師の指示に従い、アレルギー治療薬などを使用してもかまいません。
  • 症状や業の使用状況を日誌にまとめ、受診時に医師に確認してもらいましょう。
  • シダトレンによる治康中も、スギ花粉を回避する生活を心がけましょう。
スギ花粉の回避方法
  • スギ花粉情報に注意する
  • 外出をなるべく避ける
  • 帰宅後はうがい、洗顔をし、鼻をかむ
  • 窓や戸を閉める
  • 外出時にはマスクやメガネ、つるつるしたコートを着用
  • 帰宅時、部屋に入る前に洋服や髪についた花粉をよくはらう
  • 洗濯ものや布団は外に干さない
  • 部屋をよく掃除する
花粉症への対策

 

(2014.10.08 ふたばクリニック)

ページTOPへ