ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

輸入インフルエンザワクチン・フルミスト
対応中です。
お電話でご確認の上、ご来院下さい。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

インフルエンザワクチン不足に関して
現在、インフルエンザワクチンが極めて不足しています。
当院では、インフルエンザワクチン接種を中止しています。
12月、製剤供給が開始されるまでお待ちください。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年11月04日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 新着情報

新着情報

不活化ポリオワクチン導入開始(2012.09)

9月1日から不活化ポリオワクチンが定期予防接種となります。

あわただしい開始となりましたが、厚労省の最終アナウンスが8月以後にずれ込んだため、混乱も生じております。下記をご参照いただき、主治医と相談のうえ、ご対応ください。

  • 1:不活化ポリオワクチン・実施方法
  • 2:ポリオワクチン接種歴の確認、不活化ポリオワクチンの必要回数/スケジュール
  • 3:不活化ポリオワクチンの接種スケジュール
  • 4:世田谷区不活化ポリオパンフレット・注意
  • 5:不活化ポリオワクチン同士の互換性
当院では電話・メールによる医療相談に対応しておりません。

不活化ポリオワクチンの接種に関して、具体的な疑問・不安などを抱えておられる方も多いこととおもいます。

現在、不活化ポリオワクチンに関するお問い合わせを、お電話・メールにて希望される方が非常に多く、診療業務・受付業務の支障となっております。

当院では、電話・メールによる医療相談には対応しておりません。ご協力をお願いいたします。

不活化ポリオワクチン移行期の対応(世田谷区を例として)

1:不活化ポリオワクチン・実施方法
接種対象年齢 生後3カ月以上~生後90カ月未満
接種回数 初回免疫3回 と 追加免疫1回、総計4回を接種する
接種スケジュール 初回免疫 3回を20日以上56日以内の間隔で接種
追加免疫 初回免疫の終了から6カ月以上の間隔をあけて、追加免疫1回を接種
IPVとDPT-IPV ポリオ単独ワクチンと四種混合ワクチンの併用は可能
未承認IPVの扱い 未承認の不活化ポリオワクチンの接種歴は、定期予防接種として数えず、不活化ポリオワクチンを定期予防接種として4回接種することは可能
2:ポリオワクチン接種歴の確認、不活化ポリオワクチンの必要回数/スケジュール

まず、今まで受けたポリオワクチンシリーズの接種回数をご確認ください。

下の図は、世田谷区・ポリオ予防接種予診票・接種記録票の一部です。

過去のポリオワクチンの接種に関して質問事項があります。

この表から、

経口生ポリオワクチン/今までの接種回数を【A】とします。

不活化ポリオワクチン/今までの接種回数を【B】とします。

Aが2回の場合 ポリオワクチンシリーズは、終了しています。
Bが4回以上の場合 ポリオワクチンシリーズは、終了しています。
A+Bが4回の場合 ポリオワクチンシリーズは、終了しています。
A+Bが3回以下
 かつ
Aが1回以下の場合
ポリオワクチンシリーズは、終了していません。
4-(A+B)回、不活化ポリオワクチンを
予定してください。

前記の” 『A+Bが3回以下』 かつ 『Aが1回以下』 ”に該当するお子様の場合、ポリオワクチンシリーズが、終了していません。

不足分を不活化ポリオワクチンで接種する必要があります。

不足分 = 4-(A+B) 回

不足分 1回 追加免疫1回を予定
不足分 2回 初回免疫1回と追加免疫1回を予定
不足分 3回 初回免疫2回と追加免疫1回を予定
不足分 4回 初回免疫3回と追加免疫1回を予定

【基本的なプランの立て方】

  • 初回免疫
    不活化ポリオワクチンの初回免疫不足分を、イモバックスで調整して下さい。
    スケジュールに問題無ければ、三種混合の代わりに四種混合(2012.11発売予定)をご利用頂くことも可能ですが、かなり無理なプランとなります。
  • 追加免疫
    四種混合(2012.11発売予定)をご利用可能な場合は、四種混合ワクチンをご選択ください。
    三種混合の規定回数を超えて、四種混合を接種することはできません。不活化ポリオ追加免疫時に、三種混合を4回接種終了している場合は、イモバックスをご選択ください。
    (現時点でイモバックスを追加接種する場合は、厚労省Q&A質問番号33を参考に、担当医と相談してください。2012.09.01)
3:不活化ポリオワクチンの接種スケジュール

接種スケジュール初回免疫3回を〔20日以上56日以内の間隔〕で接種し、初回免疫の終了から〔6カ月以上の間隔〕をあけて追加免疫を予定する。

ポリオ先行接種と、不足分の接種間隔が56日以上経過しても、既定の接種回数(総接種4回)の完了を優先する。
注意:56日以上の間隔が生じた場合は、イモバックスポリオ(単独不活化ポリオワクチン)を使用する。

イモバックス(単独不活化ポリオワクチン)と四種混合(DPT-IPV)の併用も可能です。
注意:三種混合(DPT)に規定回数を超えて、四種混合(DPT-IPV)は接種できない。

4:世田谷区不活化ポリオパンフレット・注意

『保護者のみなさまへ・ポリオの定期予防接種が変わります』というパンフレットが、世田谷区在住の該当小児宅に、郵送されたことと思います。同パンフレットの原稿は、厚労省・情報(8月2日)の前に印刷されたため、訂正があります。

パンフレットの記載内容と、主治医のプランに食い違いが生じるかもしれません。担当医と良くご相談の上、ご検討ください。

誤:既に三種混合ワクチンを1回でも接種されている方は四種混合ワクチンは接種できません。

正:接種スケジュール上支障が無ければ、三種混合ワクチンを接種されている方でも、四種混合ワクチンを接種できます。

5:不活化ポリオワクチン同士の互換性
互換性に関する確認
  • 1:海外で使用されている不活化ポリオワクチン同士の互換性は、確認されております。
    (参照:http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5830a3.htm、同ファイルを当サイト内に別途保存してあります。)
  • 2:海外製剤 ImovaxPolio(個人輸入製剤も含む)と、”イモバックスポリオ(2012年9月国内販売)”は同等の製剤です。海外在住時に接種されたIPVや個人輸入して使用されたIPVと、イモバックスポリオ(2012年9月国内販売)は、互換性があります。
  • 3:2012年11月、国内販売が予定されている四種混合と、イモバックスポリオは互換性が確認されています。
    ポリオワクチン(OPV、IPV、DPT-IPV)互換性に関する免疫原性・安全性試験(PDF)
    免疫原性試験データの解析と解釈
  • 4:”国内で2012年11月販売予定の四種混合” と ”ImovaxPolioを除く海外不活化ポリオ製剤” は、互換性が検証されていません。(今後も臨床試験は予定されておりません。) この組み合わせは、免疫獲得に問題無いとおもわれますが、選択肢としてはお勧めできません。

【先行・引継製剤の互換性に関してまとめ】

IPV製剤の選択に関して・厚労省の意見

IPVとDPT-IPVの互換性・安全性に関する検証を行い、問題無いことを厚労省はアナウンスいたしました。(H24.08.02)

しかし、先行するポリオワクチンと同じタイプによるポリオ予防接種シリーズを厚労省は推奨してしています。(下記)

原則として最初に使用した不活化ポリオワクチン(単独又は4種混合)を最後まで使用してください。
国内臨床研究によって併用可能となりましたが、ワクチン需要供給量のバランスが崩れる恐れがあるため、単独の不活化ポリオワクチンを使用している方は、最後まで単独の不活化ポリオワクチンを接種していただくようお願いします。

”ワクチンの需要供給のバランス” と ”ポリオワクチンの選択”に、医学的なエビデンスがあるのでしょうか?

”ワクチンの需要供給のバランス”は、厚生労働省側の都合であり、ポリオワクチンを受けるお子様にとって何の関係もありません。きわめて、不快な表現です。

今回のポリオワクチンの厚労省アナウンスには、”原則として”という表現が目立ちます。

原則として・・・の次に、必ず例外を認める記載を行っています。”原則通り”でも、”例外”でも可能という”きわめて不自然な表現”を多用したために、判りにくいアナウンスばかりです。

2012年9月にIPV(イモバックス)が使用開始されます。2012年11月IPV-DPT(四種混合)が発売予定です。

厚労省は、IPVとIPV-DPTの併用に関して、互換性・安全性に問題無いことを広報しました。不活化ポリオワクチンに関しては、単独ワクチンであっても、四種混合ワクチンであっても、併用は可能です。ワクチンスケジュールの無理のないプランを選択し、注射回数を減らす工夫も大切です。

ただし、四種混合には定期予防接種としての接種間隔・回数に制限があります。ご注意下さい。

四種混合ワクチン接種に関して注意事項

四種混合ワクチンの、初回免疫間隔は20日から56日までに接種を予定する。
(発熱等予防接種不的確要因のある場合は、56日以上の間隔での接種も可能)

三種混合ワクチンの規定回数を超えて、四種混合ワクチンを接種することはできない。

2012年8月28日 ふたばクリニック 広瀬久人


ページTOPへ