ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。


初診時  問診票


予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

※ 木曜は、18時で受付終了です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

新着情報

最近の話題やコラムは新着情報で、ご確認ください。

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.02.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.02.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 予防接種のご案内 > 髄膜炎菌4価ワクチンMCV4

予防接種のご案内

髄膜炎菌4価ワクチン/Menveo、Menactra(メナクトラ)

当院採用ワクチン

MENACTRA(メナクトラ) 製造:サノフィ株式会社(国内承認製剤)

メナクトラには、予約が必要です。納品に1週間かかりますので、あらかじめ余裕をもってご連絡ください。

MENVEO  製造:NOVARTIS社(輸入製剤・国内承認なし)

各製剤の詳細に関しては、リンク先をご参照ください。

髄膜炎菌ワクチンに関する 基本的な注意事項

【ご注意】 髄膜炎菌ワクチンと、Hib(インフルエンザ菌b型)ワクチンとは、異なる製剤です。

【ソリリス投与時のMCV4に関して】

ソリリス/エクリズマブ投与開始前に、髄膜炎菌ワクチン・予防接種が必要となります。こちらをご参照ください。

【重要な周知事項:個人輸入したワクチン(Menveo)は、国内承認されておりません

当院が個人輸入した”Menveo”は、海外製剤のため国内承認されていません。
副反応が生じた場合は、”予防接種副作用被害者救済制度”が利用できません。ご注意ください。

メナクトラは、国内承認を受けた製剤です。通常の”予防接種副作用被害者救済制度”の対象となります。

 
海外渡航者に対する髄膜炎ワクチンについて

髄膜炎菌性髄膜炎は、主にアフリカや中近東で流行しています。

流行国と人的交流の多い国々(アメリカ・ヨーロッパを含む)では、散発的な集団発生を認めるため、留学生や渡航者に対して、髄膜炎菌ワクチンの接種を要請している国・地域があります。

髄膜炎菌ワクチンのタイプ/MCV or MPSV(MPV)

髄膜炎菌ワクチンには、結合型(MCV)と多糖体型(MPSV)があります。

多糖体型ワクチンは、抗体誘導期間が短く、ブースター効果もありません。

結合型ワクチンは、乳幼児にも利用可能であり、抗体誘導期間が長く、ブースター接種も有効です。

結合型ワクチンと多糖体型ワクチンの比較
MCV・結合型ワクチン MPSV(MPV)・多糖体型
【製剤のタイプ】

MCV・結合型ワクチン

アメリカで推奨されているタイプです
(アメリカ留学時は、MCVをご利用ください)

 

【製剤のタイプ】

MPSV(MPV)・多糖体ワクチン

アメリカでは推奨されていないタイプです

 

【製剤名:登録商標】

Menveo(Novartis)

Menactra(Sanofi Pasteur)

Nimenrix(GSK/GlaxoSmithkline)

など

 

【製剤名:登録商標】

Menomune(Sanofi Pasteur)

Mencevax(GSK/GlaxoSmithkline)

など

【接種対象者】

Menveo:2ヶ月以上、55歳以下

Menactra:2歳以上、55歳以下

海外留学など、長期にわたる海外生活時に、お勧めします。

お子様への接種が必要な場合は、MCVをお勧めいたします。

 

【接種対象者】

2歳以上の小児、成人

(高齢者への接種禁忌はありません。)

地中海沿岸のアフリカや、メッカへの旅行など、短期間のリスク地域入域時にお勧めします。

【追加接種】

追加接種に関して、特に規定はありません。

(留学に際して、2015年時点で追加接種を要請されることはありません。)

 

【追加接種】

6歳以上のお子様と成人は、Mencevax ACWY接種後3年間は、追加接種の必要はありません。

5歳以下のお子様は、免疫系が未発達です。感染リスクのある環境では、3年以上の間隔で再接種を予定します。(ブースター効果は期待できません。)

 

【ご注意】

下記を対象とした接種に際して、安全性は確立されておりません。

妊婦・授乳中の女性、
対象月齢未満の乳児、
56歳以上の成人

 

【付記】

Mencevaxの説明書を用意しています。こちらを必ずご一読ください。

 

髄膜炎菌ワクチンの接種延期に関して、証明書・診断書が必要な場合は、対応いたします。
(和文証明書:無料、英文証明書:有料)

接種回数

初回接種の月齢・年齢により、接種パターンが異なります。

詳細は MENACTRA および MENVEO のページをご参照ください。

Menactra Menveo
2歳以上を対象に、1回接種

希望により、追加接種は可能です。

生後2カ月から接種可能

【2~6ヶ月で接種開始/4回】
月齢/第2月、4月、6月、12月を目安に4回接種

【7ヶ月~2歳未満で接種開始/2回】
7ヶ月から1歳の月齢・年齢で初回接種し、2歳以後2回目を接種。
(3カ月以上の間隔をあけて接種)

【2歳以上で接種開始/1回 】
2歳以上を対象に、1回接種

希望により、追加接種は可能です。

 

ページTOPへ