ふたばクリニック 内科・小児科

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-8-11
TEL : 03-3410-2700
医師 広瀬久人/dc@futaba-cl.com

  • メール
  • アクセス

診療受付時間

受付時間
9:00-12:30
16:00-18:30

※ 水曜、日曜・祝祭日は休診です

乳児検診の予約・時間帯はこちら

診療時間変更のお知らせ

臨時休診・時間変更は 診療カレンダーで、ご確認ください。

ふたばクリニックからのお知らせ

日本脳炎ワクチン不足に関して
現在、日本脳炎ワクチンが極めて不足しています。
お子様の日本脳炎予防接種(区役所指定の予防接種票をお持ちの方)に限定して、対応しております。
ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
平成29年6月27日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

【初診時問診票・予防接種問診票】

問診票をご希望の方は、下記からダウンロードできます。ご利用ください。

初診時  問診票

予防接種 問診票

平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

ソフトバンクのiPhoneをお使いの方へ

アカウント名を設定していないメールは、返信先が空欄となるため、当院から返信できません。
ソフトバンクのメールをご利用の方は、ご注意ください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

ふたばクリニックからのお知らせ

電話による医療相談に対応できません。
電話相談の対応に際して、窓口業務が停止し、通常診療の支障となっています。
医療相談、ワクチンの相談に関して、お電話でのお問い合わせは、ご遠慮ください。
ワクチンの製剤や接種プランに関する質問は、メールにてお問い合わせください。
平成29年2月4日 ふたばクリニック

 
 

新着情報

●ノルレボ/アフターピル随時対応しております。(2017.06.01)

●睡眠時無呼吸が気になったら、ポリソムノグラフでチェックしてみましょう。(2017.06.01)

インフルエンザ出席停止のめやす・最新版(2016.09.01)

ネット予約

順番予約ここからアクセスしてください。
【ご注意】
ご予約には、診察券番号が必要です。

ふたばクリニックモバイルサイト

Wi-fiをご利用いただけます

FreeSpot

ホーム > 予防接種のご案内 > ヒブワクチン/Hib(インフルエンザ菌b型)

予防接種のご案内

ヒブワクチン/Hib(インフルエンザ菌b型)

【注意】Hibワクチンと髄膜炎菌ワクチンは、異なる製剤です。髄膜炎菌ワクチンに関しては、こちらをご参照ください。

【ActHIB:アクトヒブ】
製造元:サノフィバスツール
販売元:第一三共株式会社

”インフルエンザ菌b型(ヒブ・Hib)”は、乳幼児の髄膜炎や喉頭蓋炎を起こす細菌です。発見された当時は、インフルエンザの原因と誤解されたために、インフルエンザ菌と誤って命名されました。しかし、ウイルス感染症であるインフルエンザとは、まったく関係ありません。

ヒブ感染症に関して

ヒブによる感染症は、主に髄膜炎と喉頭蓋炎です。

【メモ】:喉頭蓋(こうとうがい):気道と食道の仕切りのような役目を行います。

喉頭蓋は、声帯の直前にあり、食物が気管へ流入しないように”ふた”のように働きます。
喉頭蓋炎を起こした場合、声帯の周囲がむくんでしまい、呼吸ができなくなります。喉頭蓋炎による呼吸困難時は、気管切開や挿管などの処置が必要になる場合もあります。

Hib感染症を、感冒のような・・・と表現する場合がありますが、上気道炎の原因として問題になるインフルエンザ菌は、ほとんどがインフルエンザ菌非莢膜型株(NTHi)や”b型”以外のインフルエンザ菌です。

Hibは、髄膜を好んで感染巣を形成するために、かぜ症状を認めることなく、突然髄膜炎として発症します。吐き気や嘔吐など消化器症状から発症した後に、いきなり髄膜炎症状に移行するため、病態が急変しやすく、迅速な診断と治療が必要です。
Hibによる感染症に髄膜炎を合併する割合は、発症した乳幼児の50~60%です。
Hib髄膜炎発症者で5歳未満の乳幼児死亡率は3~6%です。
Hib髄膜炎治療後に、難聴や知的障害など後遺症を残す症例は、患児の20~30%です。
髄膜炎発症した場合、早期治療導入は重要ですが、一定の割合で発生する合併症を抑止することはできません。
髄膜炎は、起こしてはいけない感染症です。発症した場合の予後を考えると、予防接種による事前免疫が、非常に重要です。

接種対象者・推奨年齢

2ヶ月以上5歳未満の乳幼児を対象とします。

妊娠中の予防接種

成人は、ヒブワクチンの接種対象ではありません。

接種回数

接種プランは、三種混合DPTワクチン(破傷風・百日咳・破傷風)と同じです。Act-HiBの 日本国内使用に際して、三種混合DPTワクチンとの同日接種が認められています。

※初回接種開始月齢2ヶ月から7ヶ月未満の場合
(初回免疫3回+追加免疫1回:合計4回)
初回免疫:3~8週の間隔で3回接種。
追加免疫:1歳以後

追加免疫は、3回目の接種から 7~13ヶ月の間に予定してください。
(平成24年12月20日厚生労働省 健発1220第1号薬食発1220第1号)

※初回接種開始月齢7ヶ月以上12ヶ月未満の場合
(初回免疫2回+追加免疫1回:合計3回)
初回免疫:3~8週の間隔で2回接種。
追加免疫:1歳以後

追加免疫は、3回目の接種から 7~13ヶ月の間に予定してください。
(平成24年12月20日厚生労働省 健発1220第1号薬食発1220第1号)

※初回接種開始年齢1歳以上5歳未満の場合
(初回免疫1回のみ)通常1回接種を行う。

海外渡航者に対するHibワクチンの必要性について

小児の海外渡航に関して、Hibワクチン接種の確認を要請される場合があります。

1:渡航される方の年齢が5歳以上
Hibワクチン接種は、対象外です。Hibワクチン・未接種でも、行政上の支障になりません。

2:渡航される方の年齢が5歳未満
渡航先でHibワクチンについて、公費接種の対象となる可能性があります。(公費対象にならない場合もあります)
Hibワクチン接種の社会的な要請に関しては、滞在先の医療制度に依存する問題ですので、当院では判断できません。Hibワクチンは、なるべく早期に接種すべき予防接種であり、渡航前の接種をご検討ください。

関連コラム

ページTOPへ