[an error occurred while processing this directive]

ホーム > 予防接種のご案内 > B型肝炎ワクチン

予防接種のご案内

B型肝炎ワクチン

ビームゲン/製造元:化学及血清療法研究所・販売元:アステラス製薬株式会社

ヘプタバックス-II/製造元:Merck&co.,INC・販売元:MDS株式会社

B型肝炎に関して

コラムに解説を用意いたしました。下記にリンクしております。

B型肝炎から家族を守る

接種対象者

0歳以上小児、成人;B型肝炎の予防
1歳以上小児、成人;針刺し事故など被曝後の発症予防
生後2~3ヶ月新生児;母子感染(垂直感染)の予防

妊娠中の予防接種

B型肝炎ウイルスの被爆は、医療汚染やキャリアーとの濃厚な接触が原因です。ほとんどの場合 個人の注意により 回避可能です。ワクチンによる予防以前の問題として、感染源からの自己防衛を考えてください。
妊娠中の接種に関する安全性は確立しておりません。
妊娠4カ月以後のB型肝炎予防接種は、ご希望により検討させていただきます。

妊娠期間中の海外赴任に際して、B型肝炎ワクチン接種が要請されることがあります。この場合の予防接種は、社会制度的な要請であり、医学管理的な緊急接種の必要性は乏しいとおもいます。現実的には、下記のような対応を考えてみてはいかがでしょうか。

1:妊娠中の母性保護のため、”出産後に接種を延期する医学的必要性”を示した証明書で対応する。(出産後に接種)
2:妊娠4ヶ月を超え、比較的安定した時期に、B型肝炎予防接種を予定する。

B型肝炎は、医療事故やB型肝炎感染者との接触によって感染します。約10ヶ月間の妊娠期間中、感染源からの回避は可能です。接種時期の調整を考えながら、出産後の予防接種で対応してみてはいかがでしょうか。

接種回数

合計3回

1:B型肝炎予防
1回目から4週間後に、2回目を接種。
1回目から20~24週後に、3回目を追加接種。

能動的にHBs抗体が獲得できない場合は、最終接種の5~6ヶ月後に追加接種を行います。

それでも、HBs抗体価が不十分な場合は、更に1回 または 1コース(3回)を行います。

2:母子感染の予防
生後2ヶ月で1回目を接種し、生後3ヶ月、生後5ヶ月で追加接種を行います。

3:医療事故/B型肝炎汚染物による被爆後、発症予防
被爆後 感染疑われる場合は、事故後7日以内に1回接種を行います。さらに1ヵ月後、3ヵ月後に それぞれ追加接種を行います。

ページTOPへ