[an error occurred while processing this directive]

ホーム > 予防接種のご案内 > 狂犬病ワクチン輸入製剤

予防接種のご案内

狂犬病ワクチン輸入製剤

輸入製剤を当クリニックでは採用しています。このワクチンは渡航前の予防接種として利用可能です。狂犬病リスク地域への出張・渡航が必要な場合対応いたします。事前にご連絡の上ご来院ください。

このワクチンは、輸入製剤です。輸入ワクチンを利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できません。ご注意ください。

予防接種をご希望の方へ

ご希望の予防接種を来院前にお電話でご連絡ください。接種日当日は、通常の診療時間にご来院ください。受付で”ご希望のワクチン”をお伝えください。

当院採用 輸入製剤 ワクチン名(製薬会社)

Rabipur(Novartis)
Verorab(Sanofi Pasteur)

【国産狂犬病ワクチン】と【輸入狂犬病ワクチン】

当院では、2種類の狂犬病ワクチン(輸入製剤)を用意しています。(医学的効果に、差異はありません。)

【重要な周知事項】当院で使用する輸入狂犬病ワクチンは、日本国内では承認されておりません。

接種対象者

6ヶ月以上の小児、成人を対象とします。

接種回数(輸入製剤)

曝露前(かまれる前)の接種
WHOの推奨は、第0日、7日、28日の3回接種です。
アメリカ(FDA)の推奨は、第0日、7日、21~28日の3回接種です。

WHO・FDAの推奨方法による接種プランでは、3~4週間で完了します。輸入ワクチンに関しては、当院でWHO・FDA方式の接種方法を推奨します。渡航先で野生動物と密に接触する可能性がある場合、滞在先で狂犬病ワクチンを速やかに接種できる施設が無い場合など、ハイリスクが予想される場合に、事前接種をお考えください。

追加接種に関して (基礎接種・3回接種後、長期の免疫維持を必要とする方へ)

一般的な対応として、基礎接種(3回接種)完了後、1年後に1回追加し、以後5年ごとに1回づつ追加接種のをお勧めいたします。

抗体検査の追跡データから、この追加接種プランを継続することにより、有効な抗体価維持が可能であると報告されています。

狂犬病に対する免疫の評価に関して(極めて特殊な状況で、狂犬病のハイリスク環境に従事する場合)

WHOでは、狂犬病の暴露環境下にあるハイリスク者には、下記のように定期的な中和抗体検査(血液検査)を推奨しています。

ハイリスク者とは、狂犬病発生地域で”獣医活動”など動物との接触が避けれれない場合、自然保護監視員など動物とのコンタクトが日常である場合などがハイリスクに該当します。日本人で”ハイリスク”に該当するケースは、ほとんどありません。

リスクのある環境下で、中和抗体価が、0.5 IU/ml未満の場合は、早急な追加接種1回が推奨されています。

  • 高リスク者・常に狂犬病暴露の危険性がある場合
    (流行地域の獣医師、自然保護監視員など)
    6カ月ごとに狂犬病中和抗体検査(血液検査)を受ける。
  • 低リスク者・狂犬病暴露の可能性のある場合
    1年ごとに、狂犬病中和抗体検査(血液検査)を受ける。
妊娠中の予防接種・曝露後接種と曝露前接種

当ワクチンは、不活化ワクチンです。妊娠・4ヶ月以上の妊産婦の方には、事前接種として希望により対応いたします。ただし、特に推奨はいたしません。

妊娠期間中に リスクのある環境を選択することは、好ましいことではありません。感染危険地域への渡航・野性動物との接触は、ある程度個人の対応で回避可能です。妊娠・出産は、危険地域への入域より優先される要件と考えます。渡航計画に関して、慎重な対応をご熟慮ください。

海外居住の場合、野生動物に接近する(接近される)環境では、ハイリスクと考えられます。本疾患は、発症した場合 母子ともに生存の可能性はありません。狂犬病暴露を、個人的に回避できない可能性が高い場合のみ、狂犬病ワクチン接種を考えてみてはいかがでしょうか。

ページTOPへ