[an error occurred while processing this directive]

ホーム > 予防接種のご案内 > 腸チフスワクチン/Typhym Vi

予防接種のご案内

腸チフスワクチン(注射タイプのワクチン)

商品名:TYPHIM Vi (Typhus Vi-Polysaccharid Vaccine)
製造元:Sanofi Pasteur
当院では、欧米各国で広く承認されている”TYPHYM Vi”を輸入しております。腸チフスワクチンは、現在(2013年)日本では製造されておりません。厚生労働省の承認もありません。
海外では、滞在者・渡航者に対して、腸チフスワクチンを推奨する場合があります。当院では、海外渡航者を対象にとして、予防接種を行っております。
TYPHIM Vi は、不活化ワクチンです。
 このワクチンは、輸入製剤です。輸入ワクチンを利用して副反応が生じた場合は、医薬品副作用被害者救済制度が利用できない可能性がありますのでご注意ください。

接種対象者

2歳以上を対象とします。

接種回数・方法

接種回数:1回
接種方法:筋肉注射
予防接種後の免疫獲得に、2~3週間を要します。渡航2週間前までに、接種を予定してください。

追加接種

Typhim Vi-Polisaccharid Vaccineによる抗体持続期間は、2~3年と報告されています。同剤は、多糖体を抗原とするワクチンですから、ブースター効果は期待できません。2年以上のリスク地域滞在を予定する場合は、2~3年毎に追加接種を予定します。

関連コラム

ページTOPへ